サポートが充実しているギブコム【不動産投資で成功したいなら注目】

人形と紙幣

賃貸オーナーは必見

男の人

安定した家賃収入

賃貸住宅を経営している物件オーナーさんは、賃貸保証会社を利用していますか。賃貸保証会社は物件への入居希望者と保証契約を結んで、物件オーナーに対して入居人の社会的保証を行う不動産サービスです。このサービスが開始されてから、まだ十年にも満たない保証サービスではありますが、多くの物件オーナーさんが所有物件への入居条件に指定して、入居人に対して賃貸保証会社の利用を義務付けています。このサービスは入居人にもメリットがあり、賃貸物件への入居に必要だった連帯保証人制度を煩わしく思う方が近年多くなっています。この賃貸保証会社を利用すれば、保証料などの費用負担は発生しますが、連帯保証人探しの手間が省けると喜ばれています。万が一入居人が家賃を滞納しても、物件オーナーに対して賃貸債務保証会社が立替払いを行います。物件オーナーは安定した家賃収入を得る事が出来て、収入計画が不安定になるリスクを回避できます。

滞納に悩まされることなく

最近、賃貸物件オーナーさんの賃貸保証会社の利用が増えているのは、近年の社会事情があります。近年、問題になった派遣切りの様に、リーマンショック以降に雇用が不安定になり、家賃を滞納する入居者が急増したことも一因です。物件オーナーは、毎月の安定した家賃収入で生活をしている方も少なくありません。それが、家賃滞納などで頻繁に収入が途切れたりすると、自分達の生活にも支障が及んでしまいます。また、滞納された家賃の督促などもけっして気分の良いものではありません。このような事情から最近では多くの賃貸物件で、賃貸保証会社の利用を入居条件に指定されることが多くなってきました。オーナーとしては毎月の確実な家賃収入と、滞納時の家賃回収業務も必要なくなるため年々、賃貸債務保証会社の需要が伸びています。

このエントリーをはてなブックマークに追加