サポートが充実しているギブコム【不動産投資で成功したいなら注目】

人形と紙幣

時代が求めるニーズに対応

お金を持つ人

連帯保証人探しに困ったら

入居者が家賃などを滞納した際、連帯保証人に成り代わって、その代金を支払ってくれるのが家賃保証会社です。ただし立て替えて支払うだけですから、入居者は後日請求分を支払う必要があります。しかし、両親が既に年金暮らしであったり、高齢者自身の入居など、連帯保証人が見つけ難い現代社会では便利なサービスになっています。以前は勤務先の上司などが連帯保証人になる場合も多々ありましたが、現状では肉親以外の連帯保証人が認められないケースも増えており、その点でも需要が増えています。ですから賃貸を借りる際、もしも連帯保証人が誰も居ない時は、不動産会社に相談してみると良いでしょう。また、家賃保証会社の利用が前提の賃貸は、最初から連帯保証人が不要の場合が多いため、人気の物件になっています。

賃貸オーナーから見た魅力

不動産投資で賃貸運営をしている方から見ましても、家賃保証会社を活用するメリットは大きくあります。家賃保証会社を使えば連帯保証人が不要になりますので、入居者の間でもニーズが高い物件を揃えられます。すべての人が連帯保証人を用意できるとは限りませんから、家賃保証会社を使えば、賃借人の間口を広げられることも優れた恩恵です。もちろん入居者の収入状況が悪化するなど、家賃が払えない状況が発生しましても、未回収のリスクを抑えられます。また、親族などによる連帯保証人を立てた場合でも、家賃保証会社との契約を入居者に求める物件も増えていますから、賃貸運営をしている際は、その点も視野に入れて検討してみる価値があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加